DV EDITing
ここがメインの                                2004年6月
         DVノンリニア編集by MediaStudio Pro Ver6.0

ノンリニア編集の面白さ

学校から帰っても
お母さんは家にはいません
昨日から入院しました
でも
病院は家から近いので毎日お見舞に行くことができます

病気もたいしたことはなく3日で退院だそうです
一時期は
お父さんは重い病気ではないかと心配していました
でも
検査結果は良好だったようです

見舞の帰りに
家に帰ってもだれもいないので
やす君の家に遊びに行きました

編集Case1 編集Case2
お母さんは家にはいません
昨日から入院しました
お父さんは重い病気ではないかと心配していました
家に帰ってもだれもいないので やす君の家に遊びに行きました
学校から帰っても
お母さんは家にはいません
お父さんは重い病気で/

おやおや、お母さんはほんのちょっとの入院で、しかも大したこともない状況なのですが

並べ替えたり一部を省略すると場合によっては他の問題を抱えているお子様のようにも
なりました。 朗読の方法やBGMを変えるとさらに変化してしまいます。

映像そのもので説明ができませんので多少無理がありますが文章で代用しました。

家庭用ビデオで撮ったいろんなシーンは編集で大きく変化します。
自分で実際にやってみるとちょっとした場面の入れ替えでもその都度その違いが
出てくることに驚かされます。

ドラマや映画の編集はもちろんですが、これがニュース、報道番組であったりすると社会への
影響は計り知れないものがあることにも気付くことでしょう。


MediaStudio Pro Ver6.0                        2000年4月導入

たぶん基本的な部分は他のソフトも同様なものと思われますが、PCプレインストール版のように
機能限定ではなくフルスペック版になっています。

@インストール
  ・通常のインストールを行いますがDVRaptorをキャプチャボードとしてインストールする場合
   順序があるようです。
  ・DVRaptorをキャプチャ装置として認識させるためにプラグインをインストールします。
   準備完了です。

AVideoEditorを起動します


通常の日本の4:3画面のTVと同じでいいなら「Canopus DV(NTSC/48kHz)を選択します。
次回からは一番上の「前の設定を使用」を選択し「OK」とします。

新規作成のダイアログボックスを閉じれば映像(Vの表示)
                         音声(Aの表示)に幾つかのトラックが表示される初期画面になります。

トラック数などの作業領域の表示はある程度自分の好みに設定可能です。


編集開始

図が小さいので各トラックの名称は上の図を参照して下さい。

@「挿入」→「ビデオファイル」から必要な
ビデオファイルを開き

 Vaのトラックにドラッグダウンします。

 R、G、Bの内容が入っています。


下のトラックは音声です。
A内のハサミツールで好きなように切ります。

Gの部分をVbのトラックにドラックして移動します。

VaとVbの間で映像に変化を付けます。
VaとVbの間のトラックはFxです
BついでにRとBの映像の場所も入れ替えておきますか。

 映像の帯部分をマウスでドラックして移動させます。

一旦それぞれ下の空いているトラックに移動させておくとやり易いでしょう。

大体位置が決ったらそれぞれの帯を少し重なるように配置します。

トラック表示の上に横軸の時間設定があります。1秒程度で行うのがやり易いでしょう。画面上およそ1cmが1秒になります。(正確には1目盛が1秒)

重なる時間はおよそ1〜2秒程度でしょうか。
CトラックFxの部分に「トラジション効果」を挿入します。

あんまり賑やかなのもなんですから「クロスフェード」にしますか。

クロスフェードの絵にマウスを持ってきて重なり合う部分のFxまでドラッグします。

一旦マウスのクリックを止めるとさらに「クロスフェード・トラジション」のプロパティ画面がでますので一応OKにします。

プロパティは後で変更できます。
Dこれでとりあえず完成です。

「表示」→「プレビュー」でレンダリングが実施され「プレビュー」画面が表示されます

この程度の長さのファイルや操作ではほとんど時間はかかりません。
レンダリングが終了すると自動的にDVRaptorの操作画面が表示され

画面のモニタ部分にはTVモニタと同じような滑らかな映像が表示されます。

通常のモニタにも出力されますから実際の詳細をここで確認することができます


DVRaptorがインストールしてなければプレビュー画面はPC上の小さな画面のみで目安程度にしかなりません。









上部に分割されたフレームが表示されていない場合はこちらからどうぞ