FEATHER2005                            2005年4月30日
TV・ビデオ録画    
  
△MTVX2005パッケージ                     △FEATHER2005マニュアル

 FEATHER2005はハードウェアMPEG2エンコーダ搭載のTVチューナボードMTVX2005に付属する「統合型AVコントロールソフト」です。

MTVX2005はcanopusの最新のTVチューナボードでTWOTOPショップブランドPC、Vip(Vip-EX6534XE;2005年5月現在))で標準選択肢にあるMPEGカードです。従って構成部品選択範囲にあるためプレインストールされてきますので今回はインストールの状況はお伝えできません。

TVアンテナを接続しチャンネル設定をすれは家電製品のTVと同様にアナログ地上波番組やビデオ端子に入力したビデオを簡単に見ることができますし簡単に録画することができます。

さっそく使い辛そうなTV予約に挑戦してみることにしました。
その前にso-netの電子番組表「テレビ王国」に登録が必要ですのでサイトにアクセスしてユーザー登録を済ませておきます。
テレビ王国のURL;http://www.so-net.ne.jp/tv/faq/index.html

▽自分向けにカスタマイズした番組表を表示させることができます

テレビ王国と連携するためにFEATHER2005には「Canopus CiRAgent」というリモート録画予約ツールが付属します。
まずマニュアルを読んで適当に操作してネットから予約してみた時の無残な結果です。

▽何回か届いた悲しいメールです

Date:Wed, 20 Apr 2005 01:08:48 +0900 (JST)
From:tv@so-net.ne.jp
To:i6rcy@jarl.com
Subject:予約失敗メール

--------------------------------------------------------------------------------

予約失敗メール大分放送 2005/04/20 05:22-05:25 川キャンペーンの予約は失敗しました。

原因はユーザ設定にあったようです。次の文章でご理解下さい。

WindowsXPは今回初めての経験です。基本的にはWindows2000と同じでしょうがデフォルトの状態ではではかなり使い勝手が違いました。

WindowsXPをインストールする際には「使用者」の名前を求められます。とりあえず山田太郎さんはYAMADAとかにしてインストールします。「MYコンピュータ」を右クリックして表示される名前が「YAMADA」になっています。

次に諸解説にはセキュリティ向上の意味でユーザーを新規に登録して同一人物であっても新規登録したユーザーで通常は使用したほうがよい、とあります。もちろんAdministrator(管理者)権限を持たせます。そこで「TARO」というユーザを設定し自分専用のPCでも「TARO」でログインして様々な処理をしていくことになります。

私もこの解説に従ってWindowsXPインストール時に使用者を例えば「IKEMEN」と入力しても「yasu」という新しいユーザで通常はログインして使用することになります。「IKEMEN」≒「yasu」なのであります。

ところがここFERTHER2005の解説にある設定で使用する管理者は通常「yasu」でいいものと思っていましたが残念ながら「IKEMEN」でないとダメでした。たぶん機器のインストールを「IKEMEN」の権限で実施したから?・・・・それともyasuはIKEMENではなかったから?


リモート録画予約ではさらに「僻地の差別」が存在します。というか最近のTV受信設定には「常につきまとう差別」なのであります。
デジタル地上波のサービスが実施される地域も年々増加しているのでしょうか? それともいっきに増えるのでしょうか?田舎に住む者にはもう少し未来の話になります。ここではアナログ地上波に限った話です。

県庁所在地レベルの大都市なら問題ないと思われるのですがほとんどのチャンネルをUHFで受信している「へき地」では販売されるTVにあらかじめ設定されている「地域」はまったく役に立たないものになります。FEATHER2005やテレビ王国も例外ではありません。
同じようにケーブルTV利用者もこの設定を利用することができません。

「へき地」でできるテレビ王国
チャンネル設定に多少のコツが必要です。
@「TV」ボタンを押してその横を右クリックして下図のメニューを表示します。
  映らなくても必ずTVボタンを押してTVを選択してから右クリックします。

A「詳細設定を開く」から「TVチャンネル登録」を開きます。
 ここでまず「地域による登録」ボタンを押して県庁所在地等の大都市の設定を行います。
 「地域設定による登録」ボタンを押して例として大分市を選択します。

 下図は大分市のデフォルトを挾間町・字山奥に変更した結果です。大分市の方は下の図で判るはずですが「受信CH」と「表示CH」が異なっています。

 OBSを例にとりますと大分市の標準的な世帯では5chを受信しています。挾間町の山奥の一部の方は「野津原」というローカル中継局から受信しています。ここは30chです。挾間町の山奥の方は5chを受信するふりをして実は30chを受信するのが「コツ」です。さらに「OBS」という文字は他の部分(5chに表示してあるはず)から確実にコピー&ペーストでここに持ってこなければなりません。下にある「TOS」も同様です。

あとは不要なチャンネルの内容はクリアします。(もしくは左の「登録」チェックで選択されます)


初心者の方はこのコピー&ペーストの方法もおぼつかないことでしょうし、この程度の安易な用語で解説もしてくれません。「へき地の初心者」にはかなりハードルの高い設定になります。

上のようにひとつの例をとってマニュアルに書いておくくらいの初心者への親切心があればもっといいのでしょうが・・・え?無料だから我慢しろ?・・・・ごもっともで


さてさていくつかの問題をクリアしてやっと「常用」にこぎつけました。
ネット上からTV予約はできるわ、このHPつくっているときに隣のモニタでTVが見れるわ、TVでいいとこやってればすぐに録画できるわ、結構便利になりました。

ちょっと前までは「パソコンでテレビ見るなんてそこまでしなくても」と思っていましたが できるとなると「見るだけ」ではないことに気づきまして結局はまっているのであります・・・・・