新PCの紹介
       Vip-EX 6534XE           
えらい詳細なPC紹介ですが自分のための記録ですのであしからず。
「2005年春・ほぼ最強モデル」に仕上っています。

TWO-TOPショップブランドPC  Vip-EX 6534XEスペック一覧

備考&カタログの紹介
CPU EM64T・HTテクノロジ対応
IntelPentium4プロセッサ650

XDbit対応・3.40GHz・FSB800MHz
L2キャッシュ:2MB
L2キャッシュ2MBにアップしたIntelRPentiumR4プロセッサ搭載。L2キャッシュが増えただけでなく、次世代64bitOSにも対応可能なEM64T機能、ハードウェアでウィルスを防ぐことが可能なXDbit 機能を実装したHTテクノロジ対応の最新プロセッサを搭載。
M/B Intel D925XECV2LK OEM
Intel 925XEチップセット搭載
フロントサイドバス1066MHzに対応した、IntelRD925XECV2LK採用。高度なパフォーマンス・アーキテクチャを採用したIntelR925XEチップセットを搭載。DualChannel-DDR2、PCI-Express x16、SATA-RAIDをサポートすることによって、デスクトップPCでかつてないハイパフォーマンスを実現します。その他Gigabit-LAN、IEEE1394、インテルRハイ・デフィニション・オーディオ(7.1chサラウンド) など高機能もオンボード。
メモリ 1GB(512MBx2)
DDR2-533 DualChannel
スロット数4(空き2)最大4GB
従来のDDRメモリより高いメモリ帯域幅を持つDDR2メモリを搭載。これからの高クロックCPUの性能も十分に発揮できます。また消費電力が少ないDDR2メモリは、システム全体のパフォーマンスも向上させます。
HDD 250GB SerialATA
7200回転・8MBキャッシュ
映像処理用に追加;250GB SerialATA 7200回転・8MBキャッシュ
DVD ダブルレイヤ(片面二層)書込み対応DVD±RW/±RAMスーパーマルチドライブ 書込み;DVD±R16x(+R DL4x)/+RW8x/-RW6x/DVD-RAM5x/CD-R40x/RW24x
読込み;DVD-ROM16x/CD-ROM40x
FDD 6in1 PCカードリーダ付き 3.5インチ2モード 対応メディア; コンパクトフラッシュ/スマートメディア/SDメモリー/メモリースティック/マルチメディアカード/マイクロドライブ USB2.0接続(4MB未満、5V仕様は非対応)
サウンド onboard Intel High Definition Audio subsystem
ビデオカード Canopus MTVGA X600pro ビデオ出力、ハイビジョン出力に秀でたアーキテクチャを持つATI製のグラフィックボードを採用。最新のPCI Express x16に対応。グラフィックチップにATI RADEON X600Pro、コアクロック400MHz、メモリクロック580MHz、DDRメモリ128MBを搭載。
鮮やかで繊細な動画描写にとどまらず、3D、2D共に高水準の描画が可能です。
MPEG Canopus MTVX2005 主にTVチューナー、TVからの録画に使用
・画質補正機能 (3D Y/C分離、3Dノイズリダクション、ゴーストリデューサー、タイムベースコレクタ)搭載
・NEC製の映像処理エンジン搭載
・SONY製チューナーをMTVX用にカスタマイズ
・コントロールソフトFEATHER2005付属 追加オプションでカスタマイズもできる
・インターネットでカンタン録画予約
・家庭内LANを経由してノートパソコンでもテレビが楽しめるFEATHER2005クライアントライセンス付属
・DVDオーサリングソフト 「neroVision Express 2」 付属 、 DVDコピーソフト 「nero Recode 2」 付属、 DVD再生ソフト 「nero ShowTime」 付属

▲MTVX2005のパッケージ
DV編集 Canopus DVstorm-XA IEEE1394経由でDVから映像を取り込み、編集します。WindowsXP専用の機器
・DVStorm XAは、カノープスオリジナルの高性能なハードウェアDVコーデックを搭載し、レンダリングせずに編集結果をプレビューできるリアルタイム編集が可能です。DVStorm XAボードからは、同時にアナログビデオ出力も行われるため、ビデオモニタで実際の映像を確認できます。試行錯誤を繰り返す編集作業を、効率よくストレスを感じずに行うことができます。

・軽快な動作と便利な編集機能を備えたカノープスのビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 3」が付属。EDIUS 2.5と比較し、実に50以上もの機能追加/改良が施され、大幅に進化。DVStorm XAボードと組み合わせることで、高度なビデオ編集も容易に行うことが可能です。

▲DVStormXAパッケージ
拡張スロット PCI Express x16(1:空き0)
PCI Express x1(2)・PCI(4:空き3)  DVstorm-XA取付け前
ケース・電源 AcBel製 静音 400W ・ケース VipオリジナルATXミドルタワー
 ベイ;5"(4:空き3)・3.5”(1:空き0)・3.5”HDD(4:空き3)
 フロント;USB2.0(2)・PCIブラケット用スロット(1)
・電源 大手PCメーカー(IBM・HP・NEC・富士通・Appleなど)で採用、Intelの実機テストにおける認証試験も合格、Intelの推奨電源として認められている「無償永久保守サービス」のAcBel社製静音400W電源を搭載。

一風変わった電源を見て下さい→Video
その他のインターフェイス USB/USB2.0(4) PS/2/キーボード(1)・マウス(1) IEEE1394/IEEE1394a 6pin(1) パラレル/D-sub25pin(1) シリアル/D-sub9pin(1) LAN/Gigabit(10/100/1000)RJ-45(1) SPDIF/同軸出力(1)・光出力(1) AUDIO/8ch出力対応オーディオI/O(1)
OS WindowsXP Pro  WindowsXP Pro+PLUS DME(OME)プリインストール

最近のPCってすごいね!
 5年ぶりに最新PCにありつくことができました。またまた貧乏人向けの長期割賦です。支払いが終わるまで仕事と働ける体があることを祈りつつ・・・。 PCの性能に驚く前にクレジットの申込みにびっくりしました。ネット上ですべてが終了したんです。ここまで進化しているとは夢にも思いませんでした。

・とにかく最近はPC導入にネット接続環境は必須になりつつあるようですね。特にWindowsXPとかはネット接続を対象にしたOSですから当たり前といえば当たり前ですか?

・WindowsXPは今回が初めてです。Windows2000とたいして変わらないだろう、と思って起動しましたがなんだかおもちゃみたいな表示とそこまでしなくても・・・という余分な機能でいっぱいのような・・・今、できる限りオールドファッションスタイルに変更できる部分は変更している最中です。

・ひとつのグラフィック(ビデオ)ボードでマルチモニタが実現できることに驚きました。しかも2台目は普通のTVでもD端子接続のプラズマディスプレイTVでもPCのモニタでも何でもいいのですから・・・
左でワープロ、右でエクセルを全ページ表示したまま操作可能という機能は太田光の「一度はやってみたかった」・・・
▽これこれ   気のせいかマウスパッドが倍の広さ欲しい・・・?


・背面端子のマニュアルがないので不明なオーディオ端子に適当にプラグを突っ込んでみました。す、すごい!ここまで見張ってる!

・CPUのL2キャッシュの大きさといいメモリの容量といい一昔前のHDD並だぞ!
 とにかく大きくて速いのには感心しています。PentiumV750MHz、メモリ512MBもそんなに遅くはなかったのですが例えば映像変換で1時間程度必要としていたものが数分で終了する快適さはもう手放せません。